次世代の業務用脱毛器は安全性と機能性に優れた「ウィズ・アス」

サロンで使われる業務用脱毛機には、安全性と機能性に優れたものが求められます。
ここでは次世代の業務用脱毛機として期待される、ウィズ・アスのメソッドについてご紹介しましょう。

イタリアのDEKA社が日本市場に向けて開発したスムーススキンコントロールメソッド(S.S.C.)は、以下に挙げるように、高い技術と、効果を誇ります。

・皮膚組織を痛めることがなく、とても肌に優しい。
・刺激を感じないので、リラックスして施術を受けることができる。
・特殊なクリプトンライトの温熱によって、尿素、サリチル酸、セイヨウシロヤナギエキスなどの成分が毛穴から浸透し、美肌を作り上げます。
・従来の方法とは異なり、安心で安全なオフヘアを実現します。

また、ウィズ・アスでは、365日サポート体制を整えていますので、突然のトラブルがあった場合やメンテナンスが必要となった場合でも、安心して機器をお使いいただけます。
さらに、フリーメンテナンス(3年・5年)契約をしていただくことによって、修繕作業費などが無料となりますし、サロンで起こりうる様々なトラブルや事故に対し、備えることが可能な、役務保険もご利用になれます。

その他、サロンではお客様の体調やその他の要因から、思わぬトラブルが発生してしまう場合も想定できます。そんなとき、JADS会員であれば、JADS医療機関会員(皮膚科)による医療サポートを受けることもできます。

エステサロン業務用美容機器【美容を通じて人を幸せに】ウィズ・アスは、下記webサイトをご参照ください。
http://www.withus-corp.jp/machine/
http://www.withus-corp.jp/machine/

Leave a Comment

Filed under 脱毛サロン関連

理学療法士を目指すなら東京工科大学

病気や怪我や事故で障害・傷害が残るということは誰にでも起こり得ることです。
そんな障害・傷害を持った人たちの運動機能を回復させるために理学療法士という人達がいます。
今回はそんな理学療法士を育てる東京工科大学・理学療法学科をご紹介します。

東京工科大学 理学療法学科
東京工科大学 理学療法学科

理学療法学科は医療保健学部にあり医療保健学部では自立・博愛・向上の3つを理念とし最新鋭の環境と最前線の医療施設での実践を活かし現場で活躍する人材を育成しています。

その中の理学療法学科ではリハビリテーション医療の中心として活躍する理学療法士を育成しています。
理学療法士はリハビリテーション医療の要であり高い専門性が求められます。医療のみならず保健・福祉・スポーツ・教育などにも対応でき、病気や怪我で体に障害・傷害を持った人たちを生き生きと生活できるようにサポートする役割を担う人材を育成しています。

大学では内部障害系理学療法学、スポーツ科学理学療法演習、キネシオロジー演習などを専門科目とし実践的知識を習得していきます。

理学療法学科で学ぶと厚生労働省が実施する理学療法士国家試験受験資格を取得できます。また就職分野は国立・大学病院などをはじめとする医療機関、身体障害者(児)福祉施設、介護老人保健施設、保健所、市町村(保健部)、大学院進学など他にも様々な選択肢があります。

総合大学という特長を活かして、科目実習、臨床実習、学内・学外と連携して共同研究なども行います。理学療法士を目指している方はぜひ東京工科大学理学療法学科で夢を叶えてくださいね。

Leave a Comment

Filed under 学校情報